2007年07月25日

徳川家康・お大の方・松平定信

松平定綱
慶安4年(1561)没。お大の方と俊勝の間に生れた定勝の二男。
第3代桑名藩主子孫に寛政の改革を行った松平定信がいる。
posted by 楽苦我喜歴史館・館長 at 22:13| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

徳川家康の代9子

徳川義直
名古屋城(名古屋市中区二の丸)
名古屋城は、この地に家康の代9子の徳川直義を
尾張藩主とした際、その居城としてつくらせたものである。
名古屋城
名古屋城は、関ヶ原の合戦後江戸幕府を開いた徳川家康が、
慶長14年(1609)江戸幕府の東海道の要所として、
また、大坂(現大阪)方への備えとして、
清須(現清州町)から名古屋へ遷府を決定し、
加藤清正・福島正則・前田利光等北国・西国の諸大名20名に
普請(土木工事)を命じ、天守閣や諸櫓の作事(建築工事)は、
慶長17年(1612)にほぼ完成した代表的な平城。
posted by 楽苦我喜歴史館・館長 at 09:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

徳川家康・豊臣秀吉の異母妹

朝日姫
豊臣秀吉の異母妹。徳川家康の正室。
禅養寺(名古屋市中村区烏森町)の
表門は豊臣秀吉の妹朝日姫の夫であった副田隠斉
の家門であった伝えられている。

posted by 楽苦我喜歴史館・館長 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

家康・不発(うたず)橋

不発(うたず)橋(宇田津・歌津)
此地の由来は、往時宇田津という鞍作りの名工が、
名古屋城築城の際、彼地へ移り住むにあたり祖霊を
祀り宇田津明神と崇めたという言い伝えがあります。
また、天正12年(1584)小牧の役のころ、家康軍の
ある侍が、小牧山に陣している家康のもとに敵の
動きを知らせようと此砦を通り抜けるとき、鉄砲で
うたれてしまいました。「敵をうたずに死ぬのは残念
・・・」と言い残したため、不発というようになったとす
る説がある。
posted by 楽苦我喜歴史館・館長 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

徳川家康・後藤庄三郎

後藤庄三郎
天下統一した徳川家康は京都の金匠・後藤庄三郎
を招いて「金座」を設置し、豊臣秀吉の天正大判の
制度をそのまま取り入れ慶長6年(1601)から慶長
大判を発行。金座では豊臣氏同様、後藤家に管理
させ大判は「大判座」で小判とは別の管理のもとで
作られた。後藤家の役宅は日本銀行所在地にある。
posted by 楽苦我喜歴史館・館長 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

徳川家康・八男仙千代

松平仙千代(1595〜1600)
高岳院(名古屋市東区泉2)
持名山と号し、浄土宗。
慶長11年(1606)徳川家康が早逝した八男仙千代
(法名高岳院殿)の菩提を弔うため、
甲斐国(山梨県)にあった教安寺を、平岩親吉に命じ、
清須城外に移建して高岳院と改め教安寺第8世照蓮社誉呑宿
を開基とした。
慶長16年(1611)清須越で今の地に移った。
旧国宝であった山門は、清須城の黒門を移したものであったが、
戦災で失われた。
わずか5歳のとき大坂で夭折した。
posted by 楽苦我喜歴史館・館長 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

徳川家康・八重洲

ヤン・ヨーステン
1600年(慶長5年)、オランダ船リーフデ号で
ウイリアム・アダムスらと豊後に漂着した。
そのまま日本に留まり、徳川家康の信任を得て、
外交や貿易について進言する役目についた。
彼の江戸屋敷は現在の和田倉門−日比谷間の内濠の沿岸に与えられ、この地が彼の名にちなんで八代洲河岸(やよすがし)と呼ばれて、
明治まで続いた。
現在は、中央区の八重洲として
ヤン・ヨーステンに因む地名が残っている。
posted by 楽苦我喜歴史館・館長 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

徳川家康・三浦按針

三浦按針(中央区日本橋室町)
ウイリアム・アダムスは西暦1564年イギリスのケント州に生まれ、
慶長5年(1600)渡来、徳川家康に迎えられて江戸に入り、
この地に屋敷を給せられた。造船・砲術・地理・数学等に
業績をあげ、ついで家康・秀忠の外交特に通商の顧問となり
日英貿易等に貢献し、元和6年(1620)4月24日平戸に歿した。
日本名三浦按針は相模国三浦逸見に領地を有し、
また、もと航海長であったことに由来し、
この地も昭和初年まで安針町と呼ばれた。
posted by 楽苦我喜歴史館・館長 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

明智光秀・筒井順慶・筒井康隆

筒井順慶
1549年3月31日〜1584年8月11日           
順慶のもとには明智光秀の子が養子としていっている。   
SF作家の筒井康隆はこの子孫。             
「洞ヶ峠を決め込む」、日和見の代名詞として知られる
順慶である。
posted by 楽苦我喜歴史館・館長 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

徳川家康・振姫・蒲生氏郷の子

振姫
徳川家康の三女として浜松城にて生まれる。
母は側室・穴山氏(お竹の方)
1598年 蒲生氏郷の子・秀行と結婚、2男1女。
1612年 夫秀行が30歳の若さで急逝。
1616年 父・徳川家康の命により浅野長晟と再婚。
1617年 長晟の次男・浅野光晟を生むが、
産後まもなく38歳で亡くなりました。
posted by 楽苦我喜歴史館・館長 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする