2007年07月02日

徳川家康・織田信秀

万松寺(名古屋市中区大須)
天文16年(1547)三河の松平竹千代(のちの徳川家康公)
が6歳の時から約2年、万松寺で暮らしたことがある。
万松寺には、織田信長の父である信秀の廟所がある。

posted by 楽苦我喜歴史館・館長 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする