2007年07月08日

家康・築山御前・織田信長の娘徳姫・信康

家康の長男信康は、織田信長の娘徳姫と結婚し、
家康が浜松城に移った年(1570)岡崎城主になりました。
信長は、信康の母・築山御前が今川方の出身であり、
武田方と内通しているとの理由で、築山御前と信康の処断を家康に迫りました。
家康も助命のために努力しましたが、果せず信康は自刃、
築山御前は殺害されてしまいました。
posted by 楽苦我喜歴史館・館長 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする