2007年02月23日

織田信長・鉄砲

1543年、ポルトガル人、種子島に漂着し鉄砲を伝える。
島津氏の家臣で種子島の領主・種子島時尭は、鉄砲
の威力を見て、即座の2000両の大金を支払って二挺の
鉄砲を購入。その後、日本製の鉄砲を造ることに成功。
posted by 楽苦我喜歴史館・館長 at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック