2007年06月09日

明智左馬之助・坂本龍馬

伝えによれば、明智左馬之助光春(秀満)の妾腹の子、
太郎五郎が、近江国坂本城が落城したため、
土佐にのがれ、坂本城の地名、坂本姓を名乗って帰農した後に、
四代目が酒造業に転じた。やがて町人郷士となった。
坂本家十代、坂本権平の弟だった龍馬は、
明智につながる家系を誇りとして、桔梗紋をつけた。
posted by 楽苦我喜歴史館・館長 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

坂本龍馬
Excerpt: 坂本龍馬撮影)坂本龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日 (旧暦)|11月15日(1836年1月3日) - 慶応3年11月15日 (旧暦)|11月15日(1..
Weblog: ゆづきの記録
Tracked: 2007-10-17 05:47