2007年07月14日

徳川家康・三浦按針

三浦按針(中央区日本橋室町)
ウイリアム・アダムスは西暦1564年イギリスのケント州に生まれ、
慶長5年(1600)渡来、徳川家康に迎えられて江戸に入り、
この地に屋敷を給せられた。造船・砲術・地理・数学等に
業績をあげ、ついで家康・秀忠の外交特に通商の顧問となり
日英貿易等に貢献し、元和6年(1620)4月24日平戸に歿した。
日本名三浦按針は相模国三浦逸見に領地を有し、
また、もと航海長であったことに由来し、
この地も昭和初年まで安針町と呼ばれた。
posted by 楽苦我喜歴史館・館長 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック